水族館劇場『もうひとつの この丗のような夢』告知

気がつけば、
その幕開けはもう来週に迫っております。

水族館劇場
『もうひとつの この丗のような夢 寿町最終未完成版』
9月1日(金)が初日となります。

このブログを読んでくださっている皆様は
もう、水族館劇場についてご存知の方も多いと思います。
巨大な芝居小屋を作る、野外劇の劇団です。
一ヶ月以上の歳月を費やして、
劇団員が自らの手で劇場を建設していきます。
その蜃気楼劇場で繰り広げられる
巨大な見世物芝居は、この劇団でしか見られません。
特に水を使った大仕掛けは必見です。

今回の芝居のタイトルには
<寿町最終未完成版>の文字が入っております。

水族館劇場の見世物芝居は永遠に未完成です。
初日があけた後も、より良い見世物を目指して
セット、セリフ、仕掛けが日々変化していきます。
それは、練り上げられ、細部にまでこだわり
完成されたものをお見せする、
一般的な舞台とは対極にあるものです。

役者の上手い下手。
台本の良し悪し。
それらを越えた、
人間が文字通り命がけで行う見世物です。
整えられた舞台ではないのです。
それは、何も持たない人間が
唯一誰でも持っている、命の力そのものです。

そんな「水族館劇場」という世界があるということを、
是非、ひとりでも多くの方に知って頂き、
その芝居をご覧いただきたいと常に思っております。
少しでも気になった方は、是非、一度ご覧くださいませ。

水族館劇場
もうひとつの この丗のような夢 寿町最終未完成版


ご予約はわたしに直接ご連絡頂いても大丈夫です!
その際には前売り料金にてチケットをご用意いたします。
沢山のご来場を心よりお待ちしております。

また、今回の公演に伴い、
クラウドファンディングを行なっております。

プロジェクトページをご覧頂き、
ご賛同いただける方々はお力添え頂けるととても嬉しいです!
こちらも合わせて宜しくお願い致します。

LiveStream御礼!

こんばんは。
暑い日々が続く京都です。
皆さま、今日もお元気ですか?

先日の六本木REAL DIVA’SでのLiveStream。
沢山のご来場、そしてネット配信をご覧頂き、
本当にありがとうございました。

東京を離れて、もう3年以上になりますが、
東京のイベントに出演すると必ず
会いに来てく下さる方がいらっしゃる事は
本当に嬉しく有難いです。
いつも、いつも、有難うございます。

ドラマー、そしてシンガーとして活躍中の
Gakuさんがホストを務める此方のイベント。
今までにも何度か出演させて頂きました。
一部はGakuさんとのトーク。
そして、二部は出演者にお任せのイベントですので、
今回はヴァイオリンのLiveではなく、
久し振りにヴァイオリン演奏を含めた朗読劇を
がっつりとやらせて頂きました!

▼第一部の配信の様子は此方からどうぞ!▼

今回やった朗読は4つ。
多間環さん作の「緋色の箱」
夏目漱石先生の「夢十夜」
私の作った「緋箱物語」
コカゲカズヒロさん作の「望陀の狐」

音楽は全て私のオリジナルとなります♫

「望陀の狐」の作者、コカゲカズヒロさんは、
当日会場に来てくださった為、
作品についてお話しすることが出来ました。

「望陀の狐」は
猟師と狐と村の人たちのそれぞれの生き方のお話で、
私は色々と感じる部分があった為、
改めて作品についてお話を伺うことが出来て嬉しかったです。
コカゲさん。ありがとうございました!

朗読の作品については、
まだ色々と語りたいことがあるのですが、
それは、またおいおい(ㆁwㆁ)

久しぶりに、がっつりと作品作りが出来て楽しかったです。
また、感想などお聞かせ頂ければ幸いです。
これを、皮切りに、また一人での活動も色々進めていきたいと思います☆

Gakuさん有難うございました。
また、お呼びいただけるとのこと!
お声がけを楽しみに、お待ちしております♫

水族館劇場「もうひとつのこの丗のような夢」公演情報

公演日
2017年
9月01日(金)-05日(火)
9月13日(水)-17日(日)

公演時間
18:30〜20:30

※入場整理券は、全公演毎夕17時から、
ご招待・前売券、電話予約・当日券の区別なく、お並び順に配付いたします。
木戸付近にお並びください。

木戸錢
前売/4500円
電話予約/4700円
当日/4800円

​会場
寿町総合労働福祉会館 建替え予定地(横浜寿町労働センター跡地)

公演の詳細情報は水族館劇場公式ページからどうぞ