東京3日連続舞台出演 御礼

お陰様で東京での3日連続舞台出演が無事に終わり、
京都に戻って参りました。
ご来場下さった皆さま有難うございました。

殆どの告知が直前になってしまったのですが、
それでも会いに来て下さる方がいらっしゃって
心から嬉しかったです(*´w`)

舞台もLIVEも華やかなものですが、
そこに至るための練習や準備は孤独なものです。
辛いときも、苦しいときも有ります。
でも、SNSにそっと「いいね」を押して下さったり、
実際に会場に来て下さったり、
会場にお花を贈って下さったり、贈り物を下さったり、
挨拶の時に名前を呼んで下さると、
もうそれだけで全ての苦労が報われてしまいます。

お客様が思っている以上に、
お客様がして下さることはわたしの力になっています。
いつもいつも、本当に有難うございます、です。

さて、折角なので、ご報告も含めて舞台出演を一つずつ振り返りたいと思います。


4月5日 Live Stream@六本木 REAL DIVA’S

何度か出演させて頂いている
シンガーソングライターのGakuさんがホストの
インターネット番組「Live Stream」
第一部はトークが多めなので、
今回、初めてトークの内容について
Twitterでアンケートを取ってみました。

アンケート、答えていただけるかな、とちょっと不安だったのですが、
皆さま投票して下さって、嬉しかったです。
パーセンテージがどんどん変わっていくの楽しかったー!
わたしの中では此処はやっぱり「ハクビシン」一択だろうという予想だったのですが、
意外にも「狩猟免許の話」が1位。意外でした(@w@)

トーク動画のアーカイブは此方から↓

第2部の会場限定のLIVEの方はもうすぐ発売される
水族館劇場「この丗のような夢 Original Soundtrack」のに収録されている新曲や
お正月に緋箱双紙に投稿した「」というお話の弾き語りをしました。

弾き語りはサンプラーを今までとは違う形で使ったのですが、
ちょっとまだ慣れていなくて機械に遊ばれてしまった感じ。。。
ご覧くださった方は、もたついちゃってゴメンなさい(´・w・`)
語りの部分についても、もうちょっと突き抜けたい感じがあり、
改良していきたいなーと思います。
まだまだ、自分の道を探し中です。


4月6日 水族館劇場「望郷オルフェ」

本当に急遽決まった楽師出演でした。
急遽でしたし、わたしのTwittrタイムラインにしか情報が上がらなかったにも関わらず、
わざわざその日を選んで来て下さった方がいらして感動。
打ち上げでも色々な方にお声掛け頂けて嬉しかったです。

急遽だったので満足な機材が準備できず、
ラストのステージ上での演奏は
ワイヤレスマイクでメインのスピーカーに飛ばさないとダメだったなぁと後で反省。。。
音、聴こえなかったですよね。御免なさい。
お客様が撮って下さった動画をTwitterに上げて下さったので
前芝居ではミニギターアンプでも音が聴こえていることが分かったのでホッとしました。

ミニギターアンプを腰に着けて弾くスタイルは実は初めてだったので、
色々問題点が分かりました。改良して次回に繋げたいなと思います。
リハでうまくいっても本番でもたついたりということは本当に沢山あるので、
やっぱり一度本番を通さないと分からないことは多い、です。

実は前芝居とラストシーン以外は今回は出演が無かったので、
奥のスタッフブースでこっそり本番を観せて頂いていました。
今回の公演の目玉の空中ブランコ、凄かったです!
ラストシーンもお馴染みの水と共に浮遊していく驚きの世界。
この世界に溢れる問題を、詩的な言葉と笑いとスペクタクルで包み込んだ
まさに「水族館劇場」という作品です。
是非、たくさんの方にご覧頂きたく思います。

水族館劇場「望郷オルフェ」は4月18日まで花園神社にて公演を行なっております!
(※10日、11日のみ休演日)
前売りもまだ販売しておりますので、皆様、是非ご来場くださいませ!


詳細は此方から↓
http://suizokukangekijou.com/information/2018_hanazono.html

そして….実は木戸にて
「この丗のような夢 Original Soundtrack」のご予約を受け付けております。
わたしの作曲した曲も沢山入っているので是非ご予約頂けたら嬉しいです!


4月7日 イナンナの冥界下り 人形プロジェクト 試演会

東京最後の舞台出演は安田登先生率いる一座の
「イナンナの冥界下り 人形プロジェクト 試演会」でした。

安田先生が数年前からやっている「イナンナの冥界下り」
色々なバージョンがあるそうですが、わたしは今回が初参加でした。

なんとご依頼がヴァイオリンでもお芝居でもなく
「シュメール語で歌を歌ってほしい」・・・という吃驚なお話でして。
「歌」しかも「シュメール語」
両方、あまりやり慣れない(というかシュメール語は完全に未知の世界)ことで、
不安で一杯でしたが、周りの方々の力に支えて頂きなんとかやり遂げることが出来ました。
ヲノサトルさんの遊ぶような音が楽しくて本番は結構楽しんでしまったり…

耽美的なお人形が大好きなので、
こういう形の公演に関われたのはそれだけでも嬉しい事です。
山下昇平さんのお人形は妖しくて美しく、人に操られて動く姿は幻想そのものでした。

今回は試演会でしたのでほぼクローズドでしたが、
本公演は8月に内田樹先生の凱風館でということですので、
関西方面の方はぜひご来場いただけたらと思っています。

安田登先生が当日の写真を少しだけTwitterにアップしていたのでご紹介致します▼


そんな感じの3日間連続舞台でした。
それぞれの場所で、それぞれのお客様にお会いしてお話しできて。。。
関西に引っ越してから随分とたちますが、
東京で出演がある時にこうして会いに来て下さる方がいらっしゃるのは
重ね重ねありがたい事だと思っています。

今後とも、演奏、お芝居、作品作りと精進していきますので、
どうぞ、今後とも応援よろしくお願い致します♬