第4回 絵本コンサート 御礼

昨日、今年最後の絵本コンサートが
無事に終了致しました。

とてもとても沢山のお客様に来て頂き
感謝ですヽ(*´∀`)ノ♫
楽しんで頂けましたでしょうか。

昨日は12月という事もあり、
クリスマスの絵本が多めでした。
そして、伴奏側としては
結構、音付けに悩むものが多かったです。
例えば。。。

「ルラルさんのヴァイオリン」

あ・・・これは、
この流れで紹介なのに
クリスマスでは無いんですが。。。(・wノ)ノ

この絵本、とっても面白いんです。
ルラルさんのヴァイオリンの音は
人にとっては不快な音。。。でも、
動物にとっては身体に心地よい音。
でも、決して音楽として
楽しんでいる訳ではないんですよね。
身体が刺激されて面白いというだけで。

12音階というのは後付けで人間が作り上げたもの。
人はそこから外れた音を不快に思うけれども、
そもそも、不快と思うのは、
音楽教育の結果であって。。。
動物は音を肉体で捉えて、快楽とするけれども、
人は耳で捉えて不快とする。

劇中に「ギコギコ」と擬音があるので、
それを素直に再現しようとすると、
それはちょっと、やはり人の身では辛い。。。
どうしようかな。。。と。色々悩んだ結果、
あの様な形になりました。
これは、もうちょっと色々やりようがある気がします。
不快音が快となる境界ってどこなんでしょうね。

「サンタクロースと小人たち」

これも、絵本としてはとても面白かったのですが、
音付けに悩んだ絵本です。

まず、第一に。。。結構長い(@w@)
そして、何か事件が起こり、それを解決し。。。
というドラマチックなストーリーが有るというよりは、
サンタさんの一年間は、実はこんな感じなんだよ。
という、サンタさんの秘密を覗き見る感じなのです。

ストーリーの筋が希薄なものは、
環境音やその場の雰囲気しか手がかりがなく、
どうにも平坦になりがち。
そういった部分を打破する方法としては、
奏法のヴァリエーションをもっと研究しなければなぁと
色々と考えた一冊なのでした。

御礼のブログは
いつも「有難うございます」ばかりになりがちなので、
たまにはこんな事も書いてみました(*´w`)

また、来年の3月11日も伴奏担当させて頂きます♫
どうぞ、宜しくお願い致します。