水族館劇場『もうひとつの この丗のような夢』告知

気がつけば、
その幕開けはもう来週に迫っております。

水族館劇場
『もうひとつの この丗のような夢 寿町最終未完成版』
9月1日(金)が初日となります。

このブログを読んでくださっている皆様は
もう、水族館劇場についてご存知の方も多いと思います。
巨大な芝居小屋を作る、野外劇の劇団です。
一ヶ月以上の歳月を費やして、
劇団員が自らの手で劇場を建設していきます。
その蜃気楼劇場で繰り広げられる
巨大な見世物芝居は、この劇団でしか見られません。
特に水を使った大仕掛けは必見です。

今回の芝居のタイトルには
<寿町最終未完成版>の文字が入っております。

水族館劇場の見世物芝居は永遠に未完成です。
初日があけた後も、より良い見世物を目指して
セット、セリフ、仕掛けが日々変化していきます。
それは、練り上げられ、細部にまでこだわり
完成されたものをお見せする、
一般的な舞台とは対極にあるものです。

役者の上手い下手。
台本の良し悪し。
それらを越えた、
人間が文字通り命がけで行う見世物です。
整えられた舞台ではないのです。
それは、何も持たない人間が
唯一誰でも持っている、命の力そのものです。

そんな「水族館劇場」という世界があるということを、
是非、ひとりでも多くの方に知って頂き、
その芝居をご覧いただきたいと常に思っております。
少しでも気になった方は、是非、一度ご覧くださいませ。

水族館劇場
もうひとつの この丗のような夢 寿町最終未完成版


ご予約はわたしに直接ご連絡頂いても大丈夫です!
その際には前売り料金にてチケットをご用意いたします。
沢山のご来場を心よりお待ちしております。

また、今回の公演に伴い、
クラウドファンディングを行なっております。

プロジェクトページをご覧頂き、
ご賛同いただける方々はお力添え頂けるととても嬉しいです!
こちらも合わせて宜しくお願い致します。