緋箱綺譚◉第二回 文学フリマ京都 御礼

多間環さんとの合同文学サークル
緋箱綺譚として出店致しました、
第二回 文学フリマ京都 お陰様で無事に終了致しました。

ご来場下さった皆様、
立ち読みして下さった皆様、
サークルカードやフリーペーパーをお手に取って下さった皆様、
そして、SNSを通して応援して下さった皆様、
本当に有難うございました。

緋箱綺譚としては2度目の文学フリマ出店でしたが、
私自身は前回の緋箱綺譚の初出店が
水族館劇場の横浜公演楽日の翌日、、、という事で、
お休みを頂いてしまい、初めての文学フリマ参加となりました。

そもそも、即売会というものに
出店側として参加するのが初めてだった為、
色々と不安も有りましたが、
お陰様で無事に終わり、ホッとしております。

Twitterにも少し書きましたが、
なんと関東から来て下さったお客様がいらして
驚いたと同時に物凄く嬉しく、
しかもSNSで見たから来たよ!
と大阪からも友人が会いに来て下さって、
本当に有り難く、恵まれているなぁと感じました。

また、初めましての方々も
沢山の方が本を立ち読みして下さり、
お買い上げ下さったり、
フリーペーパー、サークル名刺をお持ち帰り頂き、
苦労が報われる思いでした。

何しろ、始めたばかりのサークルなので
知名度も何もあったものじゃないのです。
その中で、本を買って下さるというのは、
本当に本当に有難い事です。
改めまして、有難うございます!

さて、今回は環さんが製本担当。
私はブースレイアイトや
Webを含めた宣伝関係の担当だったので、
折角なのでブースレイアウトのお話を。

初めての出店ブースレイアウトで本当に色々悩んだのですが、
色々とネットの情報を参考に今回はこんな感じで作ってみました。

新刊三冊が別々の色なので、
その色がはえるように白をベースに。
兎に角新刊をアピール!
と机の下にはポスターも貼りました。

また、以前HPでも使っていた環さんが書いた挨拶文

「貴方様の緋色の箱に詰まっているものはなんでしょう」

に触発されて、小さな箱のディスプレイも作りました。
この写真は試作段階のものなので、骨しか入っていませんが笑
当日はこんなものを入れてみました。

下から、「珪化木」「薔薇のドライフラワー」「水晶玉」「猪の牙」「鹿の骨」です。
相方の環さんは「指輪」と「どんぐり」を入れていました。

鹿と猪は私の命を支えてくれているもの。
後のみっつは全て、過去の出演舞台でお客様に頂いたものです。
まだまだ、入れたいものが沢山あったのですが、
如何せん箱が小さくて(笑)
また、ディスプレイの際にはその時の心で
連れて行く大切な思い出を選んで行きたいなと思います∩(´w`)∩

始めたばかりで、まだまだ作品も少ない緋箱綺譚ですが、
これからも頑張って参りますので、応援して頂けたら嬉しいです。

緋箱綺譚は毎週月曜日に緋箱双紙というWeb連載を行なっています。
1月1日以降は文学フリマの出店準備という事でお休みを頂いておりましたが、
1月29日から再開致しますので、どうぞそちらもお楽しみ頂けたら嬉しいです。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します!