「とりかえしのつかないことをくりかるる展」内イベント 御礼

山下昇平さんの個展
「とりかえしのつかないことをくりかるる展」内での安田登さんとのパフォーマンス、
お陰様で無事に終了いたしました。

暑い中ご来場下さった皆様、有難うございました。
終演後、沢山の方々にお声掛け頂きまして、嬉しかったです。

今回は山下昇平さんが自ら書かれた挨拶文を
安田さんが謡で読み上げることから始まり、
シュメール語のプチ講座を挟んで「イナンナの冥界下り」ショートヴァージョン。
それから、夏目漱石「夢十夜」の一夜、三夜、と、
一時間ちょっとくらいの長さだったと思うのですが内容は盛りだくさんでした。

昇平さんの展示空間の中でのパフォーマンスでしたので、
作り上げられた世界の中でやらせて頂けるのが本当に楽しくて。
天井から吊り下げられた無数の赤い糸や、
床にごろりと転がる女の首。供物のような肋骨など、
懐かしくも切ない夢の中のような空間でした。


(吊り下げられている人形は女神イナンナです)

私は基本的にはヴァイオリンでのサポートだったのですが、
イナンナでは恥ずかしながらちょっと歌わせて頂いたり…
そして、夢十夜の第一夜に関しては丸々一人でやらせて頂きました。

せっかくなので、ひとつひとつ、
ちょっと振り返ってみようかと思います。

まず、最初は昇平さん作の挨拶文から…

良くみると、言葉の隣に波の音が…
あぁ、波の音に溶けていくような言葉なんだな、と思いました。
ポツリ、ポツリという波の飛沫のような音をつけようかと思っていたのですが、
始まってみましたら、安田さんのお声が巨大な渦潮のようだったので、
荒波のようになってしまいました。
安田さんとはリハが無いので、いつも何が現れるか分からないのです。
何度かご一緒しているのでイメージは出来るのですが、
所詮、イメージはイメージなので、そうきたか、という楽しみがあります。

続いてのイナンナの冥界下りは、基本は安田さんがお一人で…
私は劇中歌(安田さん作曲です)を歌とVnでサポートしました。
シュメール語の響き、不思議ですよね。
何度も繰り返していくうちに異界が現れるような不思議な言葉です。
演目の中でこれが最初だったのは、
空間を作る儀式のようでとてもやりやすかったです。

続いて、私の独奏(ロザリオの為のソナタ パッサカリア/作曲:ビーバー)
を挟んで夢十夜の第一夜。

一夜を一人で、というのは本当に前日に突然依頼されまして…

私はヴァイオリンの弾き語り一人芝居「箱庭コラァル」という企画を
細々とやっておりまして、夢十夜も一人で時々弾き語っており、
今回はその形でやらせて頂きました。
ヴァイオリンは弾き語りにあまり向かない楽器なので、
やり方はまだまだ模索中なのですが。
昇平さんの作品や場の空気に助けられまして、
とても楽しくやることが出来ました。
素敵な場を頂けて有り難かったです。

そして、最後は、夢十夜、第三夜。

第三夜は安田さんが語りを、私は音を。
何度かご一緒させて頂いている演目です。
夜の闇の中を歩く恐ろしさと、主人公の不安の重みが
段々と子供の重みと共にのしかかってくるようなイメージで弾いています。
聴いている方々はどのような情景が広がっていったのでしょうか。

今回のイベントでは初めから終わりまで、
ずっと山下昇平さんがライブで粘土で造形をされていました。
位置的にあまり見えなくて残念だったのですが、
終わった時は青坊主の形が作られていました。
あとでお客様に聞いたところ、途中美しい女性の形に変容していた時もあったそうです。

イベントが終わったあと、
昇平さんが躊躇なく、青坊主を生み出した粘土を潰して
土の塊に戻してしまったのがとても印象的でした。

イベントの終わりと共に、
その時間に産み出されたものが土に還ったようで。

きっと、その土の塊は、
また違う時、違う場所で違うものを産み出すであろうことが想像できて
何だかそれは、とても素敵なことなのではないかと思うのでした。

東京3日連続舞台出演 御礼

お陰様で東京での3日連続舞台出演が無事に終わり、
京都に戻って参りました。
ご来場下さった皆さま有難うございました。

殆どの告知が直前になってしまったのですが、
それでも会いに来て下さる方がいらっしゃって
心から嬉しかったです(*´w`)

舞台もLIVEも華やかなものですが、
そこに至るための練習や準備は孤独なものです。
辛いときも、苦しいときも有ります。
でも、SNSにそっと「いいね」を押して下さったり、
実際に会場に来て下さったり、
会場にお花を贈って下さったり、贈り物を下さったり、
挨拶の時に名前を呼んで下さると、
もうそれだけで全ての苦労が報われてしまいます。

お客様が思っている以上に、
お客様がして下さることはわたしの力になっています。
いつもいつも、本当に有難うございます、です。

さて、折角なので、ご報告も含めて舞台出演を一つずつ振り返りたいと思います。


4月5日 Live Stream@六本木 REAL DIVA’S

何度か出演させて頂いている
シンガーソングライターのGakuさんがホストの
インターネット番組「Live Stream」
第一部はトークが多めなので、
今回、初めてトークの内容について
Twitterでアンケートを取ってみました。

アンケート、答えていただけるかな、とちょっと不安だったのですが、
皆さま投票して下さって、嬉しかったです。
パーセンテージがどんどん変わっていくの楽しかったー!
わたしの中では此処はやっぱり「ハクビシン」一択だろうという予想だったのですが、
意外にも「狩猟免許の話」が1位。意外でした(@w@)

トーク動画のアーカイブは此方から↓

第2部の会場限定のLIVEの方はもうすぐ発売される
水族館劇場「この丗のような夢 Original Soundtrack」のに収録されている新曲や
お正月に緋箱双紙に投稿した「」というお話の弾き語りをしました。

弾き語りはサンプラーを今までとは違う形で使ったのですが、
ちょっとまだ慣れていなくて機械に遊ばれてしまった感じ。。。
ご覧くださった方は、もたついちゃってゴメンなさい(´・w・`)
語りの部分についても、もうちょっと突き抜けたい感じがあり、
改良していきたいなーと思います。
まだまだ、自分の道を探し中です。


4月6日 水族館劇場「望郷オルフェ」

本当に急遽決まった楽師出演でした。
急遽でしたし、わたしのTwittrタイムラインにしか情報が上がらなかったにも関わらず、
わざわざその日を選んで来て下さった方がいらして感動。
打ち上げでも色々な方にお声掛け頂けて嬉しかったです。

急遽だったので満足な機材が準備できず、
ラストのステージ上での演奏は
ワイヤレスマイクでメインのスピーカーに飛ばさないとダメだったなぁと後で反省。。。
音、聴こえなかったですよね。御免なさい。
お客様が撮って下さった動画をTwitterに上げて下さったので
前芝居ではミニギターアンプでも音が聴こえていることが分かったのでホッとしました。

ミニギターアンプを腰に着けて弾くスタイルは実は初めてだったので、
色々問題点が分かりました。改良して次回に繋げたいなと思います。
リハでうまくいっても本番でもたついたりということは本当に沢山あるので、
やっぱり一度本番を通さないと分からないことは多い、です。

実は前芝居とラストシーン以外は今回は出演が無かったので、
奥のスタッフブースでこっそり本番を観せて頂いていました。
今回の公演の目玉の空中ブランコ、凄かったです!
ラストシーンもお馴染みの水と共に浮遊していく驚きの世界。
この世界に溢れる問題を、詩的な言葉と笑いとスペクタクルで包み込んだ
まさに「水族館劇場」という作品です。
是非、たくさんの方にご覧頂きたく思います。

水族館劇場「望郷オルフェ」は4月18日まで花園神社にて公演を行なっております!
(※10日、11日のみ休演日)
前売りもまだ販売しておりますので、皆様、是非ご来場くださいませ!


詳細は此方から↓
http://suizokukangekijou.com/information/2018_hanazono.html

そして….実は木戸にて
「この丗のような夢 Original Soundtrack」のご予約を受け付けております。
わたしの作曲した曲も沢山入っているので是非ご予約頂けたら嬉しいです!


4月7日 イナンナの冥界下り 人形プロジェクト 試演会

東京最後の舞台出演は安田登先生率いる一座の
「イナンナの冥界下り 人形プロジェクト 試演会」でした。

安田先生が数年前からやっている「イナンナの冥界下り」
色々なバージョンがあるそうですが、わたしは今回が初参加でした。

なんとご依頼がヴァイオリンでもお芝居でもなく
「シュメール語で歌を歌ってほしい」・・・という吃驚なお話でして。
「歌」しかも「シュメール語」
両方、あまりやり慣れない(というかシュメール語は完全に未知の世界)ことで、
不安で一杯でしたが、周りの方々の力に支えて頂きなんとかやり遂げることが出来ました。
ヲノサトルさんの遊ぶような音が楽しくて本番は結構楽しんでしまったり…

耽美的なお人形が大好きなので、
こういう形の公演に関われたのはそれだけでも嬉しい事です。
山下昇平さんのお人形は妖しくて美しく、人に操られて動く姿は幻想そのものでした。

今回は試演会でしたのでほぼクローズドでしたが、
本公演は8月に内田樹先生の凱風館でということですので、
関西方面の方はぜひご来場いただけたらと思っています。

安田登先生が当日の写真を少しだけTwitterにアップしていたのでご紹介致します▼


そんな感じの3日間連続舞台でした。
それぞれの場所で、それぞれのお客様にお会いしてお話しできて。。。
関西に引っ越してから随分とたちますが、
東京で出演がある時にこうして会いに来て下さる方がいらっしゃるのは
重ね重ねありがたい事だと思っています。

今後とも、演奏、お芝居、作品作りと精進していきますので、
どうぞ、今後とも応援よろしくお願い致します♬

4月5日-7日◉出演のお知らせ@東京

おはようございます。
一昨日から久しぶりに東京に来ています。

東京は暖かいですねー(*´w`)
京都南丹の我が家の周りは丁度桜が満開、
という時期だったのですが、
東京はもう葉桜、という感じです。
今日も滅茶苦茶良いお天気。

さて、明日から3日連続で本番があります。
折角なので一つづつ、お知らせさせて頂きますね。


◉ 4月5日(木)
Gaku & Real Diva’s present
the “Live- Stream” no.43

Open 19:00
◇1st Stage 20:00〜20:45FRESH!による配信有
◇2nd Stage 21:00〜(配信なし)

Charge ¥3,000(当日+500)

場所:REAL DIVA’S@六本木
ホスト/Gaku◉ゲスト/山本紗由(Vn)

◉ ご予約 ◉
https://tiget.net/events/22846
TEL:03-6438-9360(17:00〜0:00/REAL DIVA’S)

何度か出演させて頂いております、
シンガーソングライターのGakuさんがパーソナリティを務める
ライブ&トーク番組に出演いたします♬

配信は此方から、ご覧頂けます▽

前回の出演の様子は此方をご覧ください▽

放送は第一部のみで、
第二部は会場にご来場下さったお客様と楽しむLIVEになります♬
割と遅めの時間からのスタートですので、
お仕事終わりに遊びにいらして頂けたら嬉しいです。


◉4月6日(金)
水族館劇場
望郷オルフェー来るべき追憶の後にー

時間:19:00 劇場外プロローグ スタート
場所:花園神社 境內特設野外儛「星の筏」@新宿

前売券:4500円(全席自由期日指定)

この日、一日のみ演奏者として参加いたします。

今回の水族館劇場は、
いつもの大量の水や舞台の大仕掛けに加えて
なんと空中ブランコがあるそうです。
是非是非、ご期待ください♬

詳しい公演情報はコチラ


◉4月7日(土)
「イナンナの冥界下り 人形公演 試演会」

此方も何度か参加させて頂いております、
能楽師の安田登先生率いる一座に、少しだけ参加させて頂いています。

試演会ということでほぼシークレット。しかも、もうすでに満席ということで、
今、知ったという方にはご覧いただくことができないのですが、
「試演会」ということですので、「本番」があるはずです。
その、わくわくを味わって頂けたらと思い、お知らせいたします。

昨日、練習に参加させて頂きましたが、
人形達の妖しさ、空間の濃密さ、そしてそこに絡む人の声と息遣いが
じっとりと凝縮された空間になっており、
これはかなり、濃い舞台空間になるのではと思います。
どうぞお楽しみに、です。


以上が東京での3日連続出演の詳細になりますヽ(*´∀`)ノ
お知らせしているものは、
わたしに直接ご連絡頂いてもご予約お取り出来ますので、
お気軽にご連絡くださいませね。

沢山のお客様にお会いできることを楽しみにしております!

安田登先生「京都寺子屋 第3回目」御礼

安田登先生の京都 寺子屋 第3回目@瑞泉寺さま
お陰様で無事に終わりました。

当日は、テキストが足りなくなる程の、
沢山の方々がきて下さり、本当にありがとうございました。

升田学さんの針金による当麻曼荼羅の写仏、
中間報告の展示、最終日に行われた今回の寺子屋。

お題は、当麻曼荼羅にちなんで
折口信夫の「死者の書」ということで、
折口信夫さんが好きな私としては
何とも心踊るイベントでした。
(好きと言いましても、前回のブログに書きましたように、
 なかなか知識が追いつかずにお恥ずかしい限りではあるのですが。。。)

今回は、

・「死者の書」から一章の大津皇子の目覚めの場面。
(有名な、した、した、した、です)

・郎女が阿弥陀さまのお姿を二上山にみる場面。

・郎女が当麻曼荼羅を書き上げる場面。

の三つをやらせて頂きました。

今回は安田先生から朗読の指示も多く頂きまして、
言葉も随分と語らせて頂きました。
難しい言葉を、口が馴染むようにいうのに苦労しましたが、
口に出してみると折口さんの言葉は美しく、
その言葉を発せるしあわせを感じました。
しかし同時に、その言葉の意味を
芯からは理解しきれていないことも深く感じました。

元々好きで馴染んでいた小説であっても、
ひとまえで話すにあたり深く読もうとすれば、
否応無く自分の浅さを知ることができます。
本当に、素晴らしい機会を頂けて、感謝いたします。

また、ほんの少しではありますが、
昨夜の寺子屋の後、SNSにて今回の演目を見て、興味を持ち、
死者の書を購入したという言葉を拝見しました。
演者が既存の優れた作品をやる意味というのは、
本当に此処に尽きると思います。

これでまた、
死者の書の世界を心に留める人が少し増える。
そのことに、少しでも力を添えられたことが
とても嬉しく思います。

私はお寺や神社という神域とされる場所が
大変に好きですし、
人の世界よりも神話的な世界に心が寄り添います。
磐座がとても好きで、
一昨年は熊野の方に行くことが多かったので、
ゴトビキ岩や丹倉神社に行っては
巨大な岩から感じる神々しさにうっとりとしておりました。

死者の書では郎女は二上山の間に
阿弥陀如来さまの姿をみますが、
わたしの貧弱な人生経験から掘り起こしますと、
有無を言わさぬ圧倒的な神々しさというのは、
この、巨大な磐座や何千年も生きたご神木に対して
感じる、そういったものに通づるのでは、と、感じました。

けれども、それもやはり、
現時点でのわたしが感じることであり、
もっと深く読んでいけば、
また違う世界が見えるのかもしれません。
難解な小説は何よりその面白さがあります。

安田先生も、今後も死者の書を
と言ってくださっていますし、
わたしも自分なりの関係を、
死者の書と築いて行きたいと思います。

改めて「死者の書」が
深く長く、付き合っていきたい小説になりました。
また、多くの方とこの世界を楽しめる機会を頂けたらと思います。

安田登先生「京都寺子屋 第3回目」

安田登先生の三回目の京都寺子屋に
参加させて頂くこととなりました。

前回の寺子屋に参加させて頂いた際に、
急遽決まりましたお話で
(というか、前回の寺子屋の参加も急遽決まったのですが…)

なんと今回は瑞泉寺さま所蔵の当麻曼荼羅を拝見しながら、
御住職の中川学さまが曼荼羅の解説をして下さり、
更に安田登先生の「死者の書」のパフォーマンスも有るという、
もう、たまらない方にはたまらない感じのイベントです。

私は中沢新一さんや、山本ひろこさんの御本を読む機会があり、
その中で折口信夫さんに出会ったのだと思います。
( かなり前の事なので、
最初の出会いが何処からなのか忘れてしまいました )

役者として所属している水族館劇場
「黒い翁」を必ず劇中に登場させるので、
それを追い求めている途中で出会ったのだと思います。

わたしにはまだまだ専門的な事となると文章が難しく、
ちょっと読んで、分からなくなったと頭を抱えては離れて、
少し他の本など読んでから、短いものなどまた読んで、
またちょっと離れて。。。という読み方をしています。
でも、折口信夫さんは、とても好きな方なのです。

「死者の書」も初めて読んだ時は話が掴みきれず、
ひと通り読んで、ネットで解説など読んで、
また読んで、、としていた作品です。

とても大好きな作品ですが、
法華経も阿弥陀経も読まず、
大津皇子のお話も含めて日本の歴史に浅学の私には、
まだまだ、本当の素晴らしさを分かっていないなと思います。
いつかは、いつかはと思いつつ。。。

今回、安田先生の勧めもあり、
近藤ようこさんの漫画を読みました。

そして、自分の知識では補いきれなかった映像を
一度漫画の絵柄で見た事で、
小説の文字を再び目で追った時に、
情景描写が輝かしく目の前に広がりました。

今回は安田先生と共に、
「死者の書」の音楽と、
言葉も担当させて頂きます。
どうなることか、とても楽しみです。

そして、今回の寺子屋は
瑞泉寺さまで本日から開催されております、
升田学さんの針金による当麻曼荼羅の写仏。
針金造形画展「写仏」の最終日に開催されます。

針金による写仏。
わたし実は本日、参りまして拝見させて頂いたのですが、
一本の針金で作り上げられた仏様は
とても繊細で美しく優しげで、
素晴らしかったです。

是非、展示をご覧頂き、
寺子屋にご参加頂いたあと、
帰る頃には当麻曼荼羅の世界が
すべての人の前に顕現するような、
そんなイベントに出来ますように。。。

微力ながら力を尽くさせて頂きます。
ご来場、心よりお待ちしております。

参加ご希望の方は
瑞泉寺さまの此方のページをご覧ください。